低炭水化物ダイエットの効果

ここまでの内容をご覧になっても、本当に効果があるのか、殆んどの方は疑っていると思います。実際に試してみるまで、私もとても信じられませんでした。

(この先、ちょっと長いです。)

誘導ダイエット(脂肪分解/ケトーシス)の効果

1ヶ月程度誘導ダイエットを実践した結果です。まるで脂肪が溶けて何処かへ流れていったように感じます(比喩です)。まさに「脂肪分解/ケトーシス」が起きていたのではと思います。前年末に120kgを越えていたのですが、下記のデーターは実践をはじめて数日たってから取り始めたので、少し体重が減っています。

この後も炭水化物摂取を控えた食事を続けたところ、半年足らずで80kg前半台まで減量できました(データは「誘導ダイエット」を行っていた100kgを切る所まで。)。しかし、炭水化物の摂取量を増やすと、90kg近くまで体重が戻ったりしました。

誘導ダイエットの効果 (National DM-W1にて測定)
Table of waight
体重だけでなく体脂肪率を測定しましょう。手許に体脂肪率計が無いのであれば、最新型の体重体脂肪率計をどうぞ。
体重等の測定については、私は1週間ごとに測定しましたが、ヘラー博士の(低炭水化物中毒者のための)低炭水化物ダイエット(参考文献)では、毎日測定し、1週間ごとの平均を求めるよう勧めています。

代謝の利点、カロリー神話の崩壊

驚くべき数字が出ています。最初の10日間は、1日あたり350g体重が減少しています。脂肪としてカロリーに換算(1g=9kcal)すると1日に3150kcal分減少したことになります。一見病的ですが、そんなことはありません。私は(2006年現在でも)通常通り生活しています。なお、私は激しい運動やスポーツは行っておりません。基本的にはコンピュータの前に座っての作業です。多く見積もっても1日2500kcal程度のエネルギー消費と思います。このあと説明しますが、摂取カロリーはもっと多いです。上記データを見る限りカロリー理論は破綻しています。詳しいことは後述します。

脂肪だけが減少(リバウンドしにくい)

もう一つ注目すべき点があります。期間を通じ、脂肪は減っていますが、脂肪以外の部分は減っていないということです。つまり、筋肉など重要な組織は殆んど(全くとは言いませんが)失われていないということです。これは非常に重要です。食事量(エネルギー=カロリー)の制限をするダイエットでは、大抵、脂肪以外の重要な組織にも何らかの影響をあたえるようです。特にたんぱく質が不足するために筋肉が分解されて、結果として基礎代謝の低下によるリバウンドとなります。アトキンス式の場合は、たんぱく質は十分摂取可能なため、筋肉をはじめとした脂肪以外の組織に影響を与えることは少ないと考えられます。つまりリバウンドしにくく且つ体を壊す可能性も低いのではないでしょうか。

実践した食事

理論方法でも示しましたが、先ず「誘導ダイエット」として、2週間炭水化物摂取量を1日あたり20g以下に抑えます。これは、食事(食餌)でも説明しましたが、非常にきつい制限です。ですが、一生続けなければならない訳ではありません。「減量段階」とつづき、最終段階(一生続ける)である「体重維持段階」では「強いて炭水化物を取らない」程度で良いと思います(「体重維持可能炭水化物摂取量」には個人差があります)。

何度も示していますが、目標とする各栄養成分の摂取量は、

炭水化物は制限し、他は所要量をしっかり摂取することが重要です。「肉類だけを取ればよい」というのは大きな間違いです。

以下に私が「誘導ダイエット」で実践した食事の例を挙げます。これはあくまでアトキンス式ダイエット理論が正しいのか興味があったので、かなり無茶なことをしています。参考程度にとどめ、絶対に真似しないで下さい。もっとも、かなり単調ですので真似しようと思う人はいらっしゃらないと思いますが...


一日あたりの摂取栄養は以下の通り。

エネルギー(kcal)たんぱく質(g)脂肪(g)炭水化物(g)
朝食443.636.326.113.0
昼食536.032.043.82.2
夕食2398.075.0174.04.7
合計3377.6143.3243.919.9
目標特になし120g以上 特になし(植物性50g以上)20g以下

炭水化物摂取量は何とか1日あたり20gを割っています。これだけ極端なことをしないと20g以下は達成できないようです。しかし、これは、これまでの炭水化物に偏った食生活を矯正するためのもので、一生続ける訳ではありません。

しかし、3377kcalとはかなり極端に高いエネルギーだと我ながら思うわけです。ちなみに誘導ダイエットを始めるまでは2000kcal程度の玄米中心の食事でした。エネルギーの50%が炭水化物という、これまで推奨されてきた比率です。減量効果は1年で数kgと、殆んどありませんでした(血液検査の結果は改善されましたが)。

つじつまが合わない分は何処へ(代謝の利点)

「誘導ダイエット」の実践結果とそのときの食事を見ると、明らかにカロリー理論ではつじつまが合いません。私自身、実践してこの事実を目の当たりにするまでは信じられませんでした。

摂取エネルギー3377(kcal) - 消費エネルギー2500(kcal) = 877(kcal)

毎日877kcal分体重が増えなければならないはずですが、実際は3150kcalづつ減少(2002/1/6からの20日間)しています。つまり毎日4027kcal分が何処かへ消えてしまったわけです。(実際は消費カロリーも2500kcalよりは少ないと予想され、また夕食は上記の計算よりも魚などを余分に摂取しています。つまりもっと多くのエネルギーが何処かへ消えたことになります。) これを「代謝の利点」と呼ぶそうです。

どうしてこのようなことが起こるのかは、完全に理解されているわけでは無いようですが、血中の糖分が少なくなると脂肪を分解してエネルギーとせざるを得ない状態になり、脂肪分解物質が分泌されるようです。いままで炭水化物(糖分)摂取が多かった分、敏感になっているのかもしれません(長い間たつと、この状態に慣れてしまい、効果が出にくくなるでしょう)。

まとめると、

ではないでしょうか。