低炭水化物ダイエットの特徴を一言でいってしまうと、炭水化物の制限をしっかりすれば、極端な食事量制限なしに劇的な効果が期待できるということです(もちろん個人差がありますが)。私の場合、最初の数週間で10kg以上の減量効果がありました。

スポンサード リンク

特徴

低炭水化物ダイエットの特徴を一言でいってしまうと、炭水化物(糖質)の制限をしっかりすれば、極端な食事量制限なしに劇的な効果が期待できるということです(もちろん個人差がありますが)。 私の場合、最初の数週間で10kg以上の減量効果がありました(データ上は20日で7kgですが、開始時は120kgを越えていたので)。

特徴を列挙すると、

となるでしょうか。

一般的なダイエット方法は、カロリー理論に基づいて摂取カロリーを制限することを基本にしています。また、脂肪はコレステロール過多の原因として摂取を避ける傾向にあり、肉類よりは炭水化物を多く含むものを摂取する傾向にあります。

逆に低炭水化物ダイエットでは、炭水化物(糖質)を避け肉類を多く摂ることになります。肉好きの方にはピッタリかも知れません。元々肉食が中心のアメリカで大流行していたのもうなずけます。また、コレステロールが気になる人もいると思いますが、コレステロールが何者かを理解できれは、そのような心配もなくなると思います(絶対とは言えませんが)。

スポンサード リンク