低炭水化物ダイエットのための食餌(食事、食材、食品)

では、実際に低炭水化物ダイエットを実践する際、どのような食事(食餌)を摂ればよいのでしょうか?

先ずは、食品の栄養成分を調べる

方法の節でも説明しましたが、 どのような食品にどんな栄養が含まれているのかを知る必要があります。 ただ、やみくもに見ても良くわからないでしょうから、 三大栄養素の比率を見て分類してみましょう。値段もそんなにしないので、 食品成分表を入手したほうが良いと思います。または、食品成分データベースを利用してみても良いでしょう。つい最近まで知りませんでしたが、以外と使い易くできています。複数の食品の重量換算の合算ができますので、炭水化物量を自動的に計算することができます。但し、試験公開中とのことですので、注意してください。

このように分類できると思います。ここで重要なのは、上の3つです。とにかく炭水化物が多く含まれているものは、血糖値を上昇させることになるので、極力摂取しないようにします。

誘導ダイエットの食餌

誘導ダイエットでは、14日間に1日20gというかなり厳しい炭水化物摂取制限を設定します。ただし、たんぱく質や脂質はいくらとっても問題ないとされています。実際のところ、かなりの高カロリー食を摂取しても、炭水化物の摂取制限を守る限り体重は減るようです。とんでもなく高カロリーではどうなるのかわかりませんが、糖新生などで糖分が生成されやすくなるので、やはり痩せにくくなるのではと思います。ですのでほどほどにしましょう。

1日20gというのは、緑黄色野菜等に含まれている炭水化物(おおよそ10%)も問題になります。アトキンス本では、サラダは1日1カップ以内と説明されています(念のため言っておきますが、殆んどの根菜類は炭水化物が多いので、摂取禁止です)。ですので、たんぱく質や脂質は不足することはないですが、どうしてもビタミンやミネラル類が不足しています。従って、サプリメント類は必須です。

一応要点を列挙すると、

どうでしょうか?相当厳しいですね。しかしながら厳しい炭水化物摂取量制限は、誘導ダイエットを行う2週間のみです。これ以降は少しづつ様子を見ながら炭水化物の摂取量をコントロールします。コツがつかめてきたら、厳密に計算しなくてもある程度は体重をコントロールできるようになるようです(私はまだこの域にまで達していませんが...)。

誘導ダイエットのコツ

上記の制限を守るコツとしては、きっちり3食のみを計算してとるということ です。

毎日炭水化物の摂取量を計算するのは面倒なので、ある程度パターン化した決まった食事を摂ったほうが簡単です。そのかわりワンパターンになりがちです。炭水化物を殆んど含んでいない食材を良く覚えておき、その食材をローテーションするとワンパターンにならずに済みます。

実際に私が実践した食事とその減量効果は効果の節(次節)で紹介します。

食餌(食事、食品、食材)についてのより詳しい情報は、以下の通りです。