低炭水化物ダイエットのための食事について説明。調味料について。

スポンサード リンク

調味料とダイエット

ダイエットでは調味料にも注意

ダイエットでは、食餌そのものに注意が向きがちだと思います。ですが、調味料にもある程度注意を払う必要があります。

勿論調味料自身も、高炭水化物であったりカロリーが高いものであったりするものもあります。

砂糖のようなものはイメージし易いかも知れませんが、その他にも注意が必要なものがあります。

パッケージの原材料表示や栄養成分表示を良く見ましょう。

甘味料(砂糖など)

砂糖は糖類ですので、当然低炭水化物ダイエットでは摂取を控えるべきとされています。

対策法は、甘味料の知識にまとめてあります。

後述の塩分も同じですが、加工食品に含まれる糖類にも注意が必要です。思いがけないものにも糖類が添加されているものです。

塩(食塩)

塩は生物には無くてはならない物質ですが、摂取しすぎると高血圧などの問題を引き起こします。なるべく摂取は避けたいものです。

加工食品の塩分にも注意

また、野菜ジュースなど加工食品にも食塩が使われていますので、注意が必要です。食塩無添加の野菜ジュースを洗濯するのも手です。

マヨネーズ

マヨネーズは、かねてよりダイエットには不都合とされてきました。その理由は高カロリーであるということです。マヨネーズの材料は、油と卵と食酢です。卵を使用するということで、コレステロールを気にする向きもあります。

ですが、低炭水化物ダイエットでは、それほど気にする必要はないとされています。基本的にカロリーは重視していませんし、食品コレステロールは全く問題にしないからです。

通常の量であれば、問題ありません。勿論マヨラーは拙いですが…

ですが、実は落とし穴があります。

低カロリーや低コレステロールを謳うマヨネーズ類の中には、調味料として砂糖などの甘味料が含まれている場合があるのです。

ですので、カロリーオフなどのマヨネーズよりも、一番シンプルなマヨネーズを選ぶ方が良いのです。

パッケージの原材料表示や栄養成分表示を良く見ましょう。

醤油

醤油は塩分が多いので、使いすぎに注意して下さい。



スポンサード リンク