牛乳、乳製品と低炭水化物ダイエット

乳製品と低炭水化物ダイエット

乳製品は栄養豊富で健康に良いとは思います。特に、日ごろ食生活が乱れている方には有用でしょう。しかし、乳糖が多いので、実は乳製品の一部はダイエット向きではないのです。特に、低炭水化物ダイエットに於いては注意が必要です。

生乳(牛乳)と低炭水化物ダイエット

上述のとおり、牛乳には乳糖が含まれており、これは無視できない量なので、基本的には低炭水化物ダイエットの「誘導段階」では摂取を控えたほうが良いと思います。「体重維持段階」でも注意が必要です。

低脂肪牛乳は低炭水化物ダイエットには不向き

ダイエットというと一般的にはカロリーを抑えるものとされていますので、脂肪は嫌われます。また、食物コレステロールを気にする向きもあります。

低脂肪牛乳とは、そういったことを気にする人のために、牛乳の脂肪分を減少させた乳製品です。

一見良さそうな低脂肪牛乳ですが、一般的には、相対的に糖質が多くなり、低炭水化物ダイエットには不向きになります。

トランス脂肪酸を気にする向きには、良いかも知れません。