ごぼう茶(ゴボウ茶、牛蒡茶)

牛蒡(ゴボウ)はキク科の多年草で、ユーラシア大陸原産です。日本には縄文時代あたりには伝わっていたとされています。江戸時代には食用とされるようになりました。

以外にも、欧米では牛蒡は食用ではないそうです。根を食用とするのは、日本と朝鮮半島だけのようです。欧米では薬用としてハーブの一種(Burdock)として扱われています。

最近の研究で、牛蒡には抗酸化物質であるサポニンが多く含まれていることが判明しています。このため、抗加齢に良い、つまり老化防止なるといわれています。

つい最近、テレビ番組で牛蒡茶が取り上げられましたが、老化防止作用があると紹介されました。

有効成分であるサポニンは、皮の部分に多く含まれるそうです。

ノンカフェインです。

山本漢方製薬 ごぼう茶 3g×28包
山本漢方製薬 ごぼう茶 3g×28包
  • ASIN: B008S5R7G4
  • [食品飲料]
  • 価格: ¥ 1,029
  • 山本漢方製薬
Amazon.co.jp で詳細を見る

山本漢方製薬 ごぼう茶 3g×28包

「皮ごと ごぼう茶 ティーバッグ 3g×28包」は、遠赤外線焙煎により、ごぼうを皮ごとバランス良く焙煎し、香ばしく、飲み易く仕上げたごぼう茶です。毎日の健康維持にお役立てください。

その他の健康茶