ガステーブル(ガスコンロ)

コンロ(焜炉)とは、本来は、運搬できる小型の調理用の炉を指す言葉だそうです。火熱調理の際に使われます。

両面焼き水無しグリル付きガステーブル(ガスコンロ)

個人的にお勧めしたいのは、両面焼きグリルが付いたガステーブルです。

ガラストッププレート

最近のカステーブルは、ガラストッププレートを採用している製品が増えてきています。ただし値段は高くなります。

ガラストッププレートは、コンロの上面を硬質ガラスでコーティングしたもので、汚れがきにくく手入れがしやすいという特徴があります。

オールセンサー付き(全口センサー)ガスコンロ

最近のガステーブルは、全てのバーナーに加熱防止センサーを搭載したものが多くなってきているように思います。

天麩羅など揚げ物料理の際には、過熱防止センサー付きのバーナーを利用することで、油の加熱による火災を未然に防ぐことができます。

内炎式バーナー

内炎式バーナーとは、ガスの燃焼口がガスコンロの上面(トッププレート)より下にあり、内側に向かってガスが燃焼するように工夫されたバーナーのことです。

内炎式バーナーは、熱分布をうまくコントロールすることにより熱効率を上げ、少ない燃料により高火力を実現します。お財布に優しいだけでなく、地球温暖化ガスと言われている二酸化炭素の排出量も減らせるので地球環境にも優しいと思います。

但し、内炎式バーナーは構造上加熱防止センサーとの相性が悪いため、オールセンサー付きガステーブルでの採用は少なくなって来ているようです。

(現在はビルトインタイプのみの扱いのようです。)

水無し両面焼きグリル

私がお勧めするのは、水無し両面焼きグリルです。

両面焼きグリルとは、グリルの上部だけでなく下にもガスバーナーが付いたグリルのことです。正確には、真下ではなく、グリルの網の下の横から炎が出るようになっています。

両面焼き水無しグリルの特徴は、

だと思います。

「ひっくりかえす必要が無い」というのは、誰でもすぐに理解できると思いますが、「早く焼き上がる」「中まで火が通り易い」「片面焼きに比べ、美味しく焼き上がる」というのはピンと来ないかもしれません。

実際、両面焼きグリルを使うと、片面よりも早く焼き上がる印象があります。片面の場合は、まず片面を焼いて、ひっくりかえしてもう一度裏面を焼くことになりますが、両面焼きの場合は、それを同時に行うと考えてもよいと思います。

中まで早く火が通り易いのは、両面から同時に加熱するので、両面から熱が中に伝わるからだと思います。片面の場合は、焼いている面の逆の面から熱が逃げていきますが、両面焼きの場合はそういうことはありません。

「片面焼きに比べ、美味しく焼き上がる」というのは、本当に個人的な感想です。美味しく焼き上がる理由を探すとすれば、上記の「中まで早く火が通り易い」がそのまま理由になると思います。

片面焼きグリルで、うまく魚が焼けない人は以外に多いのではと思います。片面焼きグリルでは表面はガチガチに焼けているのに中は生焼けだったり、中までしっかり火を通そうとすると、表面が焦げ焦げになってしまったりするのではないでしょうか?

両面焼きグリルを使うと、そういう悩みから開放されると思います。少なくとも、私は両面焼きグリルを使い始めてから、焼き魚で失敗したことはほとんどありません。焼き魚が美味くできないと悩んでいる方にお勧めします。

私は、両面焼きグリルで、鮭や鰤の切り身を焼くことが多いです。勿論、秋には秋刀魚も焼きます。魚の油が出てきてジューシーな仕上りになります。

また、最近のグリルは多機能です。

コンロやグリルにタイマーが搭載され、調理が終わると地頭的に消火することができるようになっています。

揚げ物センサーで、揚げ物の油の温度を自動調節することもできます。

安全対策も万全です。グリルに点火中は、定期的に「ピッ」という音が出ます。また、空炊き防止のため、一定時間以上経つと自動的に消火します。








オプションパーツ

リンナイ ガスコンロ オプション備品 魚とって RTO-ST1

リンナイガステーブル純正オプションパーツです。グリルで焼いた魚を簡単にグリル焼網から剥がすことができます。

本当に簡単に魚をグリル網から剥せます。今までの苦労は一体何だったのでしょうか。そう言いたくなります。「もっと早く買っておけば良かった」そう思います。

注: 他メーカーのグリルには適合しません。



節電に リンナイ専用炊飯鍋

2011年3月11日の東日本大震災後、節電が叫ばれています。

一般家庭において消費電力が大きいのはエアコンですが、電子炊飯ジャーや電気ポットもかなりの消費電力です。

特に、夕方に電子炊飯ジャーでご飯を炊くのは、各家庭が一斉に行うと消費電力が増大して電力供給が追いつかなくなる可能性も否定できません。

そんなわけで、ガスによる炊飯をお勧めします。

リンナイのオート機能付きガステーブルをお持ちの方は、以下の専用鍋を使うと確実にご飯を炊くことが出来ます。

やはり炊飯ジャーの方が良いという方には、ガス炊飯器(電子ジャー付き)をお勧めします。



その他の専用炊飯鍋をAmazon.co.jpで探す

その他のオプションパーツ

両面焼き水無しグリルで焼いた鰤の切り身を「魚とって」で取り出す