ベータカロテン(ベータカロチン)

ベータカロテン(β-carotene)は植物のもつ黄色色素で、抗酸化物質として知られています。細胞膜を保護する効果が認められているそうです。また、実際には、体内では肝臓などに蓄積され、必要なときにビタミンAに分解されるそうです。ビタミンAを誘導する物質なので、プロビタミンAとも呼ばれます。

一般に、ビタミンAが不足すると、いわゆる「鳥目」(暗い所で目が良く見えなくなる病気)になると言われています。欠かさず補給する方が無難です。

なお、喫煙者がベータカロテンを大量に摂取すると、かえって癌などになりやすいと言う話もあります。煙草は止めましょう。

「カロチン」は「カロテン」のドイツ語由来の呼び方だそうです。現在では「カロテン」という呼び方が良く使われるようです。