炭水化物とは? 低炭水化物ダイエットで問題とするのは炭水化物です。厳密にいうと「糖質」です。糖分、糖質、炭水化物の違いとは?

スポンサード リンク

炭水化物(糖分、糖質)

低炭水化物ダイエットで問題とするのは、炭水化物の摂取量です。では、炭水化物とは?

単糖が構成要素である物質

炭水化物(carbohydrates)とは、グルコースなど単糖と呼ばれる物質またはそれがいくつかつながってできた有機化合物のことだそうです。ですが、構造や摂取した際の作用などで幾つかに分類されるようです。

炭水化物糖質糖類
澱粉質など
食物繊維
炭水化物の分類

糖質と食物繊維

実は、栄養学的には、炭水化物は「糖質(糖類を含む)」と「食物繊維」に分けられるそうです。どちらも、単糖が連なったものなのですが、僅かな違いで体内での働きが異なるようです。

糖質(糖分)

一般に炭水化物というと、糖質のことを指すようです。これらを摂取すると、胃腸で単糖類(グルコース:ブドウ糖)等に分解され、体内に吸収されます。そして、代謝されます。エネルギーとして使われるのです。

砂糖は、ショ糖(スクロース:sucrose)と呼ばれる、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)が結合した二糖類が主成分です。

澱粉は、小麦や米に含まれている成分ですが、多数のα-グルコース分子が重合した状態です。

糖分というと、ブドウ糖やショ糖、果糖などを指し、糖質は糖分と澱粉質のものをふくめた言葉のようです。

食物繊維

諸説あるようですが、食物繊維とは、炭水化物その他(リグニン?)のうち人間の胃腸で消化吸収されないものを指すようです。研究者の間でもその定義に差違があるそうです。

食物繊維は炭水化物の一種(多糖類の一種)です。ですが、糖質と異なり、消化吸収されないのでエネルギーとして使われません。

食品成分表での表記

食品成分表や、加工食品商品の栄養成分表示を見ると、「炭水化物」あるいは「糖質」と書かれています。

一つ注意しなければならないのは、「炭水化物」は「糖質」と「食物繊維」の総量になっている場合が一般的であると言うことです。実は、「炭水化物」の量を測定する際に、「差し引き法」と呼ばれる方法でその量を推定することが多いそうです。水分、蛋白質、脂質および灰分を100gから差し引くのだそうです。ですので、自動的に「炭水化物」は「糖質」と「食物繊維」が含まれることとなります。全糖を測定する方法というのもあるそうですが、一部をのぞいて「差し引き法」で測定されているようです。

問題なのは「糖質」

低炭水化物ダイエットで問題とするのは、正しくは「糖質」ということになります。

ちょっと混乱しますが、当サイトでは、「炭水化物」を「糖質」の意味で使う場合があります。

参考: 炭水化物 - Wikipedia


スポンサード リンク