脂肪、炭水化物とコレステロールの関係について説明します。

スポンサード リンク

脂肪、炭水化物とコレステロール

コレステロール

重度の肥満あるいは中年太りで必ず問題にされるのがコレステロールです。血中コレステロールが上がると健康に良くないとされ、コレステロールの摂取を控えるよう言われるのが現在の常識です。実はこれは誤った常識のようです。

そもそもコレステロールとは何でしょうか、文献によるとコレステロールは油脂の一種でステロールと呼ばれる物質に属する化合物だそうです。飽和脂肪酸とは別のものです。また、コレステロールは胆汁酸やホルモンの原料となる重要な物質であり、細胞膜にも存在し、細胞膜に硬度を与えます。

また、コレステロールは肝臓を始め体内の色々な場所で生成されるそうですが、通常は血中コレステロールは一定になるよう調節されます。つまり食事でコレステロールを摂取しても血中コレステロールが上がることはないそうです(食事からの摂取量はおよそ3分の1のようです、極端に大量の場合は別でしょうが)。逆に、高インスリンン状態が悪玉コレステロールの生成を促進させるのではないかとも言われています。

つまり、

ということらしいです。

コレステロールの扱いはコロコロ変わっている

そもそも、コレステロール自体、研究が進むにつれて色々取扱いが変わっています。最初は、コレステロールを摂取しすぎると体によくないと言われていました。そのうち、コレステロールに善玉(HDL)と悪玉(LDL)があることが分かり、総コレステロールと悪玉コレステロールを減らせと言うことになっています。最近では、コレステロールは体内で合成されるものであり、通常の食事では血中コレステロールに影響は無いと指摘する学者も現れています。しかしながら、未だにコレステロールを減らすにはコレステロール含有量の高い肉類や脂質の摂取を控えるという考え方が主流です。

しかし、考えて見てください。今日、高コレステロール血症の患者には「コレステロール低下剤」なる薬が処方されています。この薬剤は、「体内でコレステロールが合成されるのを阻害」するものです。つまり、高コレステロール血症は「コレステロールの代謝の異常」によって引き起こされるものであることを示唆しているのではないでしょうか。勿論、体内で必要とされている以上に摂取すると、この限りではないと思いますが。また、動物性脂肪(脂身)に多く含まれる飽和脂肪酸の幾つかがコレステロール代謝に悪影響を及ぼしているとも言われていることは念頭に置くべきと考えます。

つまり、コレステロールの摂取を控えるのではなく、「コレステロールの代謝の異常」の原因を取り除く必要がある訳です。

4・3・3ダイエット(ゾーン)に、コレステロールの代謝についての記載があります。

なお、アトキンス博士は、アトキンス本の中で、悪玉コレステロール対策にレシチンを摂取するよう勧めています。

死の四重奏(生活習慣病)

死の四重奏とは、

のことで、この状態が続くと心臓病や脳血管症などに代表される生活習慣病に結び付きやすいためこのように呼ばれているようです。

実はこれらは高インスリンン血症が原因になり同時に起こるとされています。つまり炭水化物が多い食事をとり続けることが、生活習慣病の原因であることになります。逆に、低炭水化物とすれば、この要因は取り除けることになります。

最近話題のメタボリックシンドロームは、「死の四重奏」などの病態を再定義したものです。

詳しくは「メタボリックシンドローム対策」(姉妹サイト)をご覧ください。

この後生活週間病についても、もう少し掘り下げてみます。

次は、痩せる仕組みを説明します。

スポンサード リンク